彼の周りの人から情報収集

片想い中って、ちょっとしたことで焦ったり、やきもきしたりするけど、私は嫌いではありません。

宇都宮 風俗

特に、「これは両想い確定でしょ! 絶対明日あたり、私に何か言ってくるよね。」

といった具合に、直感がピンときた時が、私にとって特別な時間です。

今までの片想い中の努力や、ワクワクした気持ちが一気に思い出されて、自分を誉めたくなります。

ストーカーに間違われない程度に、彼の周りの人から情報収集したこととか、

背伸びして話のわかる姉さんぶってみたこととか、

彼の大きな腕で抱かれたら幸せだろうなって妄想したこととか……。

彼とこれからどんな関係が築けるのか、すごく楽しみになります。

それに

「いつから私のこと気になってた? 」

って聞くのが楽しみなんです。

そんな風に聞くのって、何だか小娘みたいだけれども。

小娘じゃなくて乙女なのだと、あえて言いかえましょう。

私のアプローチにドキドキしてくれてたら、

それがきっかけで好きになったということが確認できたら嬉しいでしょう?

とはいえ、自分では思いも寄らないところを好きになってくれてることもあります。

それはそれで、「私を見ててくれたんだ~」って幸せになります。

こんな風に妄想や期待がふくらむから、両想い直前って、好きなのです。